明日、第一日曜日、公園清掃の日

町内会の公園清掃の旗を立てに回った。ゆるやかな坂道をのぼりながら、何を考えるでもなかった。大きなカラスが低空飛行で目の前を横切った。お寺からの長い坂道を僕の方へゆっくりと下ってきているのが目には入っていたのだった。彼は僕の目の前で右に曲がっていったのだ。雨がポツンと落ちたのと彼が通り過ぎていったのと、どちらが先なのか判別はできない。道路や庭先には、昨夜の豆まきの残骸がそこかしこにあるけれど。鳥たちのいいエサだ。我が家の豆はもうきれいに掃除されていた。猫たちも手伝ったかも知れない。
トランプさんは、大阪知事ノックさんみたいだ。橋下さんに似ているという友人がいる。ヒトラーの登場のときに似ているという友人がいる。大阪の選挙権をもつ人々の分析などしたことはない。アメリカ国民の人間性など語れない。ただ、新大統領の就任式の日に、警察当局が国民・市民に向けて催涙弾を打つ風景・・そんな国は・・・・僕の理解を超えている。

広告