年賀状を書きながら・・思った。

年賀状は書きたい人には書く。ただ、書きたいことをすべて書くわけではない。書けるわけではない。書けないこと・・・それはそれで楽しい。歳を重ねても精神的年齢は・・高校生、いやそれ未満なのかも知れない。身体にはもうガタがきた。今年は中村さんには書かないことにした。

広告

宛先不明の配達不能で返ってきてしまった年賀状が1枚

dscf9014

それは、一番最初に書いた年賀状で、心情的には高い位置に置かれた1枚だ。これは今年最初のミスだ・・ボソボソ。私的な郵便物に、校閲も校正もかからないからこんなミスが起こる・・ボソボソ。なんだかもう、自分の周りにまとわりついた雑然とした人間関係をこなすうちに大切なものを重要な要件を見落としている。僕はいつもそうだ。大切なものを、だからこそ蔑ろにしてしまう・・ボソボソ。大切な友人のことを後回しにしてしまう。彼なら、彼女なら大丈夫だと思ってしまう甘えなのだ。
つかこうへいの「郵便屋さんちょっと」という芝居を思い出した。ビートルズのプリーズミスターポストマンの和訳としては最高のタイトルだ。村上春樹のビートルズ曲のタイトルの使い方より好きだ。時間がないからダラダラと長文になる。
けれどあの住所はなんだったのだろう。どこで間違いがおこってしまったのか判明できない。
さて、言い訳をする時間的な余裕がない。てばやく手当を施す物理的方法がみつからない。すこし冷えてきた。