小田和正の声を聴きたくてYouTubeで遊ぶと

彼ではない誰かが本気で歌っている。歌手のように…だ。どうしてあんなこと・・・と僕は思った。歌はうまいのだ。彼も彼女もそれを知っているに違いない。でも彼は小田和正ではないのだ。・・・・なんてことを思った。ココでは七夕は雨と決まっている。嫉妬の雨だときかされていた。

広告

小田和正の「東京の空」が聞きたい。

youtubeという便利なものがある。けれど困りものでもある。僕が聞きたいのは小田和正の声の小田和正の「東京の空」なのだ。この曲はおそらく発売されていない。なのにyoutubeにはそれがある、いくつも。君たちはふざけているのか。
僕は君らのへたな歌なんか聞きたくないのだ。やめてくれよ。・・・なんて言えないなあ。友人がやっていたらボロカスに言うだろうけれど。