まとめ買い森博嗣・・100円作家とそうでない作家

DSCF7636

例えば紀伊國屋書店で買えば1冊で1000円以上する本が、この10冊で税込み1080円。なんてことだ。作家は悲しい。作家はすごいけれど。ちょっと悲しい。古書店は内容なんて考えていない。一昔前、私がふらついた神田の古書店のオヤジさん達が見たら悲しいだろうな。

10冊も買っていて文句はないのだけれど。何が悲しいのかというと。これだけ評判の作家でも100円でなければ買っていない・・森博嗣が、だ。私が、だ。村上春樹や高村薫やティーヴァーは出版されたとたんに書店で買ってしまう自分が、だ。私は差別主義者なのだ。100円の作家とそうでない作家を差別しているのだ。

サンタは「Yakutsk, Russia」を通過した。私には何をプレゼントしてくれるのか。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中