太陽風交点というこの文庫本をくれたのは弟だ

DSCF6214

もう30年以上も前のことだ。堀晃というこの作家があまりにもすごい作家なので、おそらく天才のひとりなので、弟のことを書こうとした目論見が崩れてしまう。まあ、いいか。
弟は健在だ。健康な企業マンだ。僕は大昔に弟がくれた黄ばんでボロボロの太陽風交点を持っている。ときどき読み返している。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中