ダージリンのミルクティは

大森の下宿の味がする。部屋に水道はなくもちろんトイレも共通で、いわゆる五〇年代の下宿屋だ。四畳半の城だった。六畳だったか。いいかげんな記憶だけれど。久保元くんと北島君と小島君と。久保元くんの後に入ったのが加藤君だから。僕の正面の部屋は誰だったか。どこどこと鉄の階段を駆け上がってくる◎くん・・あれは誰だったか。
下宿屋のおばさんは芳賀さんで・・・
またあとで

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中