村上春樹は好きな作家だった。

最近の・・・とはいえもうかなり前、海辺のカフカのときはもうその兆候はあった。ノーベル賞に一番近い日本人作家、きっとそれはその通りなのだと思う。けれど同時に、これではノーベル賞はとれないだろうなとも思ってしまう。1Q84は売れたかもしれないけれど、何かが違う。彼が全力で書いたのだとしたら彼はもう終わっていると思える。

大変残念なことだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中