オイディプス

古代ギリシャのテーバイの王ライオスは、エリスの王子クリュシッポスに恋をし、彼を犯してしまう。

古代ギリシアの伝説「オイディプス神話の始まりだ。

クリュシッポスの父であるエリスの王ペプロスは怒り、ライオスに呪いをかけた。「オマエは子どもを作ってはならない。それをすれば生まれてきた息子に殺されるであろう」

古代ギリシァにおいて呪いをかけることの意味は甚大であった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中