Tくんのこと

数あるネットの道具のひとつで古い同級生の名前をみつけた。彼は顔まで公表している。彼は、卒業した高校の名も大学の名も、会社名も公表している。

彼は、高校も大学も、僕と同じだ。そして、彼が同時期に、同じ環境の中に・・・それは正確な言い方ではない・・・すぐ近くにいたことを、僕は何となく知ってはいた。けれど、高校、大学と僕は一言も彼と言葉を交わしたことがない。正確に、一言も口をきいたことがなかった。少なくとも、僕には彼と口をきいた記憶はない。彼は、歳をとった。

もちろん僕自身も同様だろう。歳をとったと感じるのは、僕の中の彼が小学生のままだからだ。僕と彼は、小学校5年6年同じクラスで、それなりに仲のいいクラスメイトだったのだ。そして、僕が2年生の11月22日に転校するまで、クラスこそ違ったものの中学も同じだった。

彼が、いつからか僕を避けるようになった理由を、僕は知っている。それが、本当のことがどうかは決して定かではないけれども。聞かせてくれなくてもいいその理由を、何人もの気のいい友人が聞かせてくれたからだ。僕にとって何の意味も価値もない、つまらないこと・・・人はいろんな価値観で生きているのだ。

彼も歳をとった。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中