こんな雨の日には思い出す風景がある。

静かな雨だ。椎名町の駅舎で僕らはずぶ濡れだった。けれどそれは井上陽水の「傘がない」には似合わない雨で。田舎者の僕らは小さな駅舎で雨宿りする人たちに混じっていた。

Hくんは都会育ちのいい男で。彼が僕に声をかけた。大学の語学の同じクラスで、まだ顔を覚えた程度で口をきいたことはなかった、そんな頃だったと思う。

その日僕らは。

広告

こんな雨の日には思い出す風景がある。」への2件のフィードバック

  1. ♪~君にー会いに行かなくちゃ~♪

    つーめたーい雨が~~♪

    こんなフレーズしか思い出せません。

    彼が僕に声をかけた・・・・薩摩隼人は気安く自分から声をかけられなかったのかしらね?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中